ツボにハマった「なまり亭」&双玉詰将棋

画像
 とある番組内でのコーナー「なまり亭」。地方出身者のタレントが「なまり」をふんだんに見せるのがツボにハマってます。
 前回、青森県代表の新山千春の「津軽弁」は・・・もう、何て言うのか・・・すごすぎでした。惜しむらくは録画を忘れたことです。あれから2週間経ちますが、まだ後悔してます(悔)。。。

 さて、今日は岡山県のMEGUMI vs 富山県の柴田理恵・・・。
 広島を意識する岡山県人(MEGUMI)の反応は、「広島は中国地方でしょ?だけど、岡山は関西だから!」


(´-`).。oO(いや、中国地方ではないかと・・・)
 金沢(石川)を意識する富山県人(柴田理恵)の反応は、「富山は立山アルミやYKKのアルミ王国なの!」
(´-`).。oO(あの、石川は金箔ですよね・・・)
 他にもツッコミ所満載ですが、やめときます(笑)。

 そして、なまり禁止タイム中に「なまり」を連発するタレント達に非常なダメ出しの鐘を鳴らす金田一先生・・・。

 このギャップが非常に笑えます。タレントの意外な素顔が見えておもしろいので一度見てください。


 さて、話題を変えて双玉詰将棋を・・・。
 木村先生の本を見ててふと見つけた問題(9手詰)です。

 この問題に対するコメントは当然、「カウンターに注意!」です。

 解答は明日。。。

この記事へのコメント

Yossy
2005年04月28日 07:59
双玉面白かったけど、1筋の駒は意味あるの?
実戦っぽくしたんだろうけど、飾り駒にしかなってない。
やす
2005年04月28日 08:40
>1筋の駒は意味あるの?
 この場合は想定手順へ導くためのブロックの役目をしていますね。
こういう駒に着目できると、おおよその正解手順を導き出せたりするようです。

この記事へのトラックバック