年月の重み

画像
 本題に入る前にまずは枕を(笑)。
 丸2日間、私の頭の中にあった詰将棋(詰パラ2005年10月号 ヤン詰解答付F)です。 
 頭の中に思い浮かべながら寝るのに利用したり(笑)、とにかく急がずに、盤駒は使わずに頭の中だけで解きました。
 一間龍の形になるので簡単かと思いきや、なかなか手強かった・・・。


 さて、本題。

 ある程度年をとると、年月による変化っていうのはないように思っていたりしたんですが、やっぱり変化っていうのはあるんだなあ・・・と思うことがありました。

 将棋倶楽部24ではいろんなサークルがあります。
 いろいろなサークルのHPを見て回るんですが、ふと見るとあるサークルが活動停止していることを知りました。

 私の所属しているサークルとはそれなりに縁があり、リレー将棋の非公式戦等をやったりしたこともありましたが、全くというほど勝てませんでした。。。
 しかし不思議なもので、リレー将棋の本戦でそのサークルチームに初めて勝つことが出来たのです。

 それから、そのサークルの活動がおとなしくなっていたのが気になってはいたのですが、私の直接の知り合いがいなくなったこともあって、たまに掲示板を覗く程度のところでの活動停止でした。。。
 かなりショックでしたが、このサークルのメンバーのつながりが「酒」なので、近々にひょいっと復活もありそうかなと思ったりしています。。。

 今のところは私の所属しているサークルは安泰のように見えますが、私を含めて数年後はどうなっているか分かりません。
 今のこの瞬間を大切にしなきゃいけないなあ・・・と思った次第です。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック