関西に住んでない人にはどうでもいい話(だけど、各地で似たようなことが結構ありそう・・・)

 同期T「このみそ汁、白みそ?」
 会話の発端はこの問いかけからだった。
 やす「そうでしょ?」
 同期O「そうなんちゃうん?」
 同期T「そうか・・・。そうそう、そういえば雑煮は自分らのところはどうなん?関西は白みそでしょ?」
 会話はここからあらぬ方向に発展していく。。。


 やす「うちはすまし汁だな。親の出身が九州だから・・・」
 同期O「うちもすまし汁だな・・・、兵庫の西の方だけど・・・」
 同期T「O、お前変やぞ!関西言うたら白みそちゃうんか?」
 同期O「そうかもしれんけど、うちは違うなあ・・・」
 やす「んじゃ、Oの所から西は関西地方から外すことに決定!(-。-)」
 同期T「そういえば、関西・関東ってどこで分かれるんや?」
 やす「境界か・・・。関ヶ原辺りじゃないの?」
 同期T「関ヶ原か・・・それなら三重はどうなるんや?」
 やす「三重は東海でしょ!(きっぱり)JRも東海だし(-。-)」
 同期O「だけど、天気予報では三重入ってるやんか?」
 やす「そんなん言うたら、徳島とか香川も入ってるやんか?三重も同じ同じ!(-。-)」
 やす「ただ、名張・・・、あそこは関西に入れたいな。奈良のすぐ隣にあるし、近鉄電車の普通は名張まで行くし・・・。」
 同期T「なんやそら!・・・まあ、それはおいといて、似たようなので近畿があるけど・・・あれは?」
 同期O「あれは三重も入ってるんとちゃうんかな?」
 やす「えー!(-。-)三重は近畿じゃないんでないの~、中部でしょ~?」

 三者三様の見識の中、会話は終了した・・・。

 この際、はっきりしておこうと、私はWikipediaで検索を始めた。

 (´-`).。oO(まずは近畿・・・)
 - 近畿地方は、本州西部の6,7,8または9府県により構成される日本の地域。古代より日本の中心として栄えた地域であり、江戸時代以前には、大阪(難波)、奈良(平城)、京都(平安)など長く首都が置かれた。現在も西日本の中核を成し、政治的・経済的に関東地方と列んで、重要な地方である。関東地方に対して、俗に「関西地方」や「関西」と呼ばれる事も多い。

滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、三重県がある。三重県は経済的には中部地方の東海圏だが、行政的には近畿地方に属する。更に、福井県や徳島県のいずれか含む場合、除く場合がある。

(´-`).。oO(なんやねん、経済的には中部地方の東海圏で、行政的には近畿地方って・・・)

(´-`).。oO(次は関西・・・)
 - 近畿が正式名称であるのに対して、関西は俗称。近畿とほぼ同じ地域を指すが、「関西」は一般に「関西二府四県(京都府、大阪府、滋賀県、兵庫県、奈良県、和歌山県)」であるという考え方が強く、地理の教科書の定義である「近畿二府四県+三重県」と使い分けられる事が多い。尚、三重県でも伊賀上野を中心とする伊賀国は、東海ではなく近畿に含まれる事が多い。

 結論から言うと、3人とも間違ってはなく、私がその最小範囲を示しているという結論であった。
 しかし、こんなに曖昧だとは・・・想像以上でした・・・。


 ちなみに、日本の機関の認識を拾っておくと・・・

・二府四県(京都、大阪、滋賀、兵庫、奈良、和歌山)
 国交省(運輸局)、旧大蔵省(財務局)、農水省、旧郵政省(電波監理局、現・総合通信局)、旧運輸省(陸運局)
 放送における近畿広域圏

・二府五県(二府四県+三重)
 地理の国定教科書(1903年)
 広辞苑

・二府五県(二府四県+福井)
 国交省(地方整備局)、通産省、旧建設省、旧運輸省(海運局)

・二府六県(二府四県+三重、福井)
 近畿圏整備法(1963年)

・二府七県(二府四県+三重、福井、徳島)
 近畿ブロック知事会
 近畿高等学校総合文化祭
 関西州(産業再生)特区構想

 ・・・。

 (´-`).。oO(バラバラ・・・)

 こんな話題(どこどこは~に入るの入らないの・・・)はどこでもあるはずだ。間違いない(-。-)。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック