勘違いしそうになりました・・・

 頭の中で詰将棋を解く練習をしていますが、頭の中に定着するのに半日くらいかかります・・・( ゚-゚)遠い目。。。
 才能ないのは承知済みですが、「継続は力なり」を信じて・・・( ゚-゚)遠い目。。。
 今回はこの問題です。
 この問題は詰みが少なくとも2通りあります。
 もちろん正解は1通りですが、別な方向を正解と勘違いしそうな位、上手くできた問題でした・・・。
画像



 失敗例1
画像
 何通りかの王手が考えられますが、まずは▲1二角(図)から・・・。











画像
 ▲1二角に対して、△1一玉は▲3一飛成△1二玉▲1三銀までの詰みとなります。
 よって、△3二玉と逃げますが▲2三角成として、△2一玉▲1三桂△1一玉と隅に追い込み、▲3三角成(図)と2枚馬を作り調子よく迫りますが・・・。





画像
 ここで、△2二桂!(図)と逆王手を入れるのが絶妙です。
 ▲2二馬左と桂を取ると、△2二同銀で持駒の桂で王手する場所がないので、不詰となります・・・。








画像
 従って、▲2二馬右ですが、△2二同銀とするのは当然。
 今度は▲2三桂と王手できますが、△1二玉(図)と逃げられます。
 ▲2二馬△2二同玉と馬で銀を取って、▲3三銀としても△1二玉で届きませんので、不詰めとなります。




画像
 ちなみに、△2二歩!(図)でも不詰です。













画像
 ▲2二同馬左と歩を取りますが、△2二同銀(図)と取って、
▲1二歩!・・・は。打歩詰です。。。
 よって、これでも不詰になります。








 成功例
画像
 ▲1二角ではダメなので他の手を考えますと、▲1三桂(図)があります。











画像
 これには△1一玉(図)と逃げます。













画像
 玉に迫るにはやはり盤上の角を使って、▲3三角成とするのでしょうか・・・。
 ここで、前の変化でも出てきた逆王手の△2二桂!(図)の反撃をしてきます。
 それ以外の駒ですと逆王手にならないので、▲3一飛成が成立して、どういう応手でも▲2二馬で詰みになりますので、桂合は必然でしょう。


画像
 この手には当然桂を取るわけですが、▲2二同飛成(図)と桂を取って王手をします。
 (ちなみに、▲2二同馬でも詰手順が長くなりますが詰みます。)








画像 そうなると、△2二同銀と取り返すわけですが、ここでの持駒は角桂なので、詰みそうです。
 ▲2三桂とすると、△1二玉と逃げるしかありませんが、▲2一角と打てます。
 玉は逃げるしかありませんので、△1三玉ですが、▲2四馬(図)で詰みとなります。






 ということで正解手順は、
 ▲1三桂△1一玉▲3三角成△2二桂▲2二同飛成△2二同銀▲2三桂△1二玉▲2一角△1三玉▲2四馬
までの11手詰と・・・、

なりません(-。-)。。。

 実はこれは間違いで、本当の詰手順は別に存在したのです・・・( ゚-゚)遠い目。。。

 では、その手順は?
 続きは明日。。。

-PR-
 ちなみに、最近の詰将棋のネタはこの、カンキの双玉詰将棋傑作選〈下巻〉から取っています。
 手数の概要は、
 ・5手詰  - 10題
 ・7手詰  - 16題
 ・9手詰  - 16題
 ・11手詰 - 19題
 ・13手詰 - 21題
 ・15手詰 - 10題(やすはこの辺りで奮闘中・・・)
 ・17手詰 - 8題
 ・19手詰 - 4題
 ・23手詰 - 2題
 ・25手詰 - 1題
 ・29手詰 - 1題
となっており、中級者以上が楽しめる内容かと思います。
 この記事を見て興味が出た方は上のリンクから購入してみて下さいね~。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 手相占い

    Excerpt: Weblog: 占いどうでしょ? racked: 2005-12-22 23:15