それぞれの時代のヒーローなんだろうなあ・・・

 ある所では「伊達直人」。
 ある所では「やましたきよし」。
 ある所では「ゴレンジャー」。
 ある所では「サンタクロース」。
 (´-`).。oO(子供時代のヒーローや印象に残っている人なんだろうな・・・)
 別に、これをどうの言うつもりも、正体は何者か?と詮索するつもりもありません。
 ただ・・・、この不況下にあって、こうやって棋譜をすることが出来る裕福な層がいるのだなあ・・・、そして、こういう行動力があれば日本はまだ踏ん張れるのかなあ・・・と思っただけです。
 私ですか?私は・・・、そんな寄付などする余裕は全くありませんので、こういう事をする人達を羨望のまなざしで見つめるばかりです・・・( ゚-゚)遠い目・・・。
 (´-`).。oO(そして、マスコミさんには・・・あまりこういう行動を取りだたさずに、静かに見守るだけにしてもらいたいと思うのですよ・・・)
blogram投票ボタン
「日本中にタイガーマスク 各地の児童施設に贈り物続々

 全国各地で昨年暮れから、児童施設などの子どもたちにランドセルなどのプレゼントが届けられている。贈り主の多くが、漫画やアニメで知られる「タイガーマスク」の主人公「伊達直人」を名乗るが、地域も贈る方法もばらばらで、多くの善意の人がいるようだ。ただ、なかには拾得物として扱われ、子どもにすぐには届かないかもしれない例もある。

 「伊達直人」は神出鬼没だ。兵庫県赤穂市の赤穂署には10日朝、番号非通知で電話が掛かってきた。声の主は男性で伊達直人と名乗った。

 「署の玄関先にランドセルを置いた。養護施設などに持っていきたかったが場所が分からなかったので、警察の方で渡してほしい」

 署員が探すと、署の駐車場の奥にランドセル入りの四つの箱が並んでいた。「お年玉 伊達直人」と書いたのし付きで、手紙が添えられていた。

 「今般、伊達直人様の模範たる心のぬくもりや温かさや思いやりに感動と感銘と共鳴を受け、わずかばかりで恐縮ですが、子どもたちへのささやかな贈り物をさせて頂きました」

 県警によると、警察官による「公務拾得」と判断されれば、3カ月保管された後、県に渡され、入学式シーズンには間に合わないおそれもある。松尾俊広副署長は「同じようなプレゼントが警察に相次いでも困る。名乗り出て、自分で届けてほしい」と困惑気味だ。

 鳥取市の児童養護施設「鳥取こども学園」でもこの日、玄関脇に段ボール1箱が見つかった。中には鉛筆4ダース、ノート10冊など新品の文房具がぎっしり。箱の上には「伊達直人より」と印字された手紙。タイガーマスクのエンディングテーマ曲の歌詞と、「私には子どもはおりませんが、これくらいのことはさせて下さい」「君たちは決して独りではないし、世の中はまだまだ捨てたものではない」と書いてあった。学園側は「思いがけない善意をいただき、心から感謝しています」としている。

 神奈川県立中里学園(横浜市青葉区)にも、文房具と手紙が届いた。「報道などで伊達直人さんのタイガーマスク運動に大変共感した。文房具などを児童の皆様で使っていただけたら」とあった。

 岩手県花巻市のイトーヨーカドー花巻店では、客の声を回収するボックスから現金10万円入りの手紙が見つかり、福島県いわき市の児童養護施設「いわき育英舎」にも、20万円分の「こども商品券」と手紙が届いた。

 そもそもの発端は、昨年12月25日に群馬県中央児童相談所(前橋市)に届いた10個のランドセル。「子供達のために使って下さい」という伊達直人のメッセージがあったことが報道され、火が付いた。

 その後、神奈川県小田原市や岐阜市、沖縄県南城市、長崎市の施設で同じようにランドセルが届いた。静岡市では現金10万円が届いた翌日にランドセル6個が、神奈川県厚木市ではプラモデルやぬいぐるみなどが贈られた。

 長野県中央児童相談所(長野市)には1月7日、「遅れてきたサンタクロース」を名乗る人が、宅配便でランドセル6個を届けた。「同じ志の方がいらして共感します」と手紙にあったという。

 今月10日までに、岩手県から沖縄県までの少なくとも13カ所で同様のプレゼントが確認されている。

 このほか、福岡市東区では匿名男性が施設にランドセル5個を持参した。山口県下関市の施設にはランドセル2個とアニメ映画のDVDが届けられている。ランドセル価格は3万~5万円程度が主流という。」

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック